ジェラールを知るあなただけのスペシャルサイト

今月のソムリエ 伊藤明日香さん



GÉRARD カマンベールに 合わせたい1本 クレマン・ド・ブルゴーニュ・ロゼ ドメーヌ・ガルラン シャンパーニュ地方のミルクでつくられたGERARDカマンベールは、口当たりがやわらかくクリーミーなチーズ。シャンパーニュと同じ製法でつくられたスパークリングワインなら、きめ細かい泡がチーズの食感や風味とマッチします。ピノ・ノワール主体のロゼのクレマンは、ほのかな甘味とボリューム感のある味わいが特徴。合わせるなら、生ハムのフルーツ巻きを。特に濃厚なマンゴーがおすすめです。 GÉRARD クリーミーウォッシュに 合わせたい1本 マルセル・ダイス・リースリング マルセル・ダイス 自然派ワインの第一人者、マルセル・ダイス。冷涼なアルザスでつくられた白ワインは、果実味以上にしっかりとした酸が感じられます。リースリング以外の品種もブレンドされているため、複雑な風味が楽しめるのもこのワインの特徴。しっかりとした酸、そして複雑な風味が、個性的でコクのあるGERARDクリーミーウォッシュによく合います。クルミなどのナッツ類と一緒に。 GÉRARD ブルーチーズに 合わせたい1本 プイィ・フュメ キュヴェ・シレックス・デ・ソフィー・ベルタン ソフィー・ベルタン ソフィー・ベルタンも、自然派ワインの生産者。石灰質でミネラルを豊富に含んだ土壌が育むソーヴィニヨン・ブランでつくられたワインは、厚みのあるフィネスな味わいが楽しめます。GERARDブルーチーズの青カビに感じられるシャープな風味には、ソーヴィニヨン・ブランの清涼感がぴったり。お互いが引き立てるすっきり感を活かし、クレソン、オリーブオイル、塩コショウメインのさっぱりとしたサラダと合わせて。

毎月2回更新『ソムリエの引き出し』2ヵ月ごとに6人のソムリエが楽しくためになるお話をお届けするリレー連載〈各ソムリエ4回シリーズ〉