ジェラールを知るあなただけのスペシャルサイト

PROFILE

ワインバルでソムリエとしての経験を積み、現在は、銀座フレンチレストランにてソムリエールとして勤務。人と人とを繋ぐワインの魅力を伝えたいとソムリエ資格取得講座の講師としても活躍。

ASUKA ITO

第1回

人と人とをつなぐワインの力に魅せられて

数店舗を掛け持ちする現場主義のソムリエール

160601_045_m飲食業に携わるようになり、10数年経ちます。私が初めてワインを扱ったのは弱冠二十歳のころ、青山のイタリアンレストランで働いていたときのことでした。早い段階からソムリエの資格を取ろうとは思っていましたが、資格を持っていなくても知識がある人はたくさんいるし、自分も取らなくていいかなと思っていたんです。でも、あるとき若い女性のソムリエールがソムリエバッジをつけてバリバリ働いている姿を見て、そのかっこよさに衝撃を受けました。やはりお客様に信頼してもらい、安心してワインと食事を楽しんでいただくためには、ソムリエバッジも大切なんだな……と、考えが変わった瞬間でした。
その後、働きながら勉強を重ねてソムリエの資格をとり、現在では銀座「チェナクルーム」をはじめ数店舗にてソムリエールとして働いています。

資格取得を目指すワインスクールの講師として

ソムリエールとして現場に出るほか、ワインスクール「シャルパンテカレッジ」にて講師としても働いています。試験対策講座に出られる生徒さんは、みなソムリエもしくはワインエキスパートを目指して意気込んでおられます。資格を通じてよりいっそうワインの世界を知っていただけるよう、講師である私も日々知識をブラッシュアップしながら授業に臨んでいます。
現在、ソムリエールとして働いているのが週5日程度、ワインスクールの講師として働いているのが週2日というスケジュール。お客様にどうしたら楽しんでいただけるか・お客様が求めるおいしさにどうしたら近づけるかを常に考えるソムリエールの仕事と、生徒さんに正しいワインの歴史や知識を伝える講師の仕事……どちらもまったく違った個性をもつ仕事ではありますが、おかげさまで毎日充実した日々を過ごさせていただいています。

私にとって、ワインはミステリアスな仲間

160601_051_mワインはただの飲み物ではなく、人と人とをつなぐ不思議な力をもっています。たとえばワイン1本に対して、産地や風味をきっかけに会話が広がりますよね。ワインをテーマにしてさまざまなパーティーも開かれているので、ワイン好きの仲間が増えて人と人との輪が自然に広がっていく……ワインにはそんな魅力があるんです。
実際、私もいくつかワインパーティーを主催した経験があります。その告知をSNSに載せていたことがきっかけで、今のワインスクールから講師のお誘いをいただいたという経緯も。仲間だけでなく、ビジネスまでをもワインは生み出せるんですよ。
私にとって、ワインはずっと側にいて寄り添ってくれる仲間です。それでいて、いくら勉強を重ねてもまだまだ解明できないミステリアスな魅力も兼ね合わせています。これから一生かけて、そのミステリアスな魅力を紐解いていこうと思っています。

次回もお楽しみに