ジェラールを知るあなただけのスペシャルサイト

PROFILE

第3回全日本最優秀ソムリエコンクール優勝。第11回世界ソムリエコンクール日本代表。日本におけるシャンパーニュの第一人者として活躍。現在、シャンパーニュ専門バーなどのシェフソムリエ。

MAKOTO ABE

第2回

夏こそおすすめ! シャンパーニュとチーズの魅力

シャンパーニュは優秀なオールラウンダー

シャンパーニュは、どんなシーンにもマッチするお酒。朝昼晩問わず、いつでも楽しむことができます。
夏の休日、朝食と一緒にキンッと冷やしたシャンパーニュをいただけば、暑さを忘れてリフレッシュできます。もちろん遅めのブランチにも合いますし、午後はアフタヌーンティーならぬ“アフタヌーンシャンパーニュ”……と洒落こんでもいいですね。
夜は、食前にいただくアペリティフとして、ディナーと一緒に、また食後のデザートとの相性も抜群です。こういった、時間を問わず1日中楽しめるお酒って、他にはなかなかないですよね。
どんな料理にも比較的合わせやすいので、洋食や和食はもちろん、中華などとも一緒に召し上がってみてください。
シャンパーニュというと、「乾杯用」「特別の日用」という印象を持っている方も多いと思います。しかし本当は、このようにシーンや時間を選ばず気軽に楽しめるお酒なんですよ。

シャンパーニュとチーズのおいしい関係

シャンパーニュは、その名のとおりシャンパーニュ地方でつくられているもの。シャンパーニュ地方では、フランスチーズの中でも有名な白カビチーズやウォッシュチーズもつくられています。繊細でクリーミー、そして濃厚な味わいが楽しめる白カビチーズ。個性的な風味だけでなくミルクのマイルドな味わいも楽しめるウォッシュチーズ。現地でレストランに入ると、シャンパーニュとともにシャンパーニュ原産のチーズが楽しめます。
本場フランスでも親しまれている、シャンパーニュとチーズのマリアージュ。ぜひこの組み合わせが奏でるハーモニーをお試しください。

夏に楽しむシャンパーニュとチーズのマリアージュ

キンッと冷やしていただくシャンパーニュは、暑い季節にピッタリ。夏におすすめの簡単な料理をいくつかご紹介します。
フレッシュな魚介類がお好みの方には、カルパッチョがおすすめです。食べやすい大きさにカットした魚介類に刻んだチーズを散らし、オリーブオイル、レモンやスパイスをかけて仕上げれば、前菜やおつまみに最適なカルパッチョのできあがり。
また、暑い季節にガッツリお肉を食べたい方には、肉の旨味を存分に楽しめるステーキがおすすめ。肉を焼いて薄切りにし、小さくカットしたチーズをそのまま乗せて、半分溶けたところをいただくのもおいしいですよ。
おつまみがほしいけれど時間がない……という場合は、一口大にカットしたチーズを生ハムでクルっと巻くだけでもいいでしょう。市販のおつまみとして売られている、チーズと魚のすり身を組み合わせたスティックなども、実はシャンパーニュによく合うんですよ。

ご紹介したものだけでなく、ぜひいろんな料理とシャンパーニュのマリアージュをご自身で見つけて楽しんでくださいね。

次回もお楽しみに